白い歯

インプラント治療やインビザラインの歯科|美口矯正クリニック

虫歯を改善する流れ

医療器具

虫歯は歯垢が歯に付着し、細菌が歯や歯茎を侵すことによって起こるのです。初期の段階では、表面のエナメル質が侵されますが、自覚症状を感じることはないです。
痛みやしみたりするのは、エナメル質の下にある象牙質が侵されたときで、外部からの刺激が神経のある歯髄に伝わることで痛み等を感じるのです。進行したまま放置しておくと、最終的には歯を抜かなくてはならなくなり、歯並びや噛み合わせの悪化にもつながりかねないのです。

治療法は症状の度合いに応じて異なり、初期の段階では、歯を再石灰化すれば治る場合もあるのです。進行が歯髄に達した場合は、歯を大きく削らなければならず、痛みを鎮めるため神経をとる治療を実施しなければならないのです。
小さいものだと削り取った後に樹脂等で穴を塞ぎ、中程度は歯の型を取って金属等を歯に被せる治療が行われるのです。深く大きいものであれば、歯がぶつかり合う際の力に耐えられるよう、周囲も削り被せることが主です。

予防法として歯科医院でフッ素を塗ってもらう方法があり、フッ素には酸の生成を抑制する働きがあるほか、抵抗力の強い丈夫な歯を作る作用もあるのです。効果的に活用するためにも、3ヶ月に度塗布してもらうのが望ましいでしょう
。歯磨きだけでなく、食生活も見直したいものです。細菌が口の中で活動しにくいよう甘い物は控え、よく噛んで食べることが大事です。よく噛むと唾液の量が増え、歯のエナメル質を再石灰化する働きが促進されるのです。